BOM の生成は最も面倒な作業の1つですが、家具設計プロセスに不可欠です。ここで人的要因によるエラーが発生し、大きな損害につながるミスを引き起こす可能性があります。

これを解決するために、JoinerCAD は独自の BOM ジェネレータを使用します。どのような違いがあるのでしょうJoinerCAD BOM ジェネレータは、設計された3Dモデルに従い BOM を自動的に生成できます。  生成された BOM には、製品構造、材料および購入部品の概要、切削リスト、部品の一般リストなど、生産に必要なすべての情報が含まれています。

すべての情報はMS Excel ファイル表に記載されています。MS Excel ファイルは、多様な生産チェーンおよびビジネスチェーンで簡単に使用できます。たとえば、部品切断最適化プログラムへのデータ転送や、材料の注文時に送信することができます。

さらに、生成された BOM は変更可能です。簡単に変更してユーザーのニーズに合わせることができます。ユーザーは、MS Excel ファイルとして保存されている BOM テンプレートの内容を変更するだけです。

Share it!