設計状況によって、設計者が部品を設計する方が便利な場合もあれば、そうでない場合もあります。JoinerCAD を使用すると、特大サイズを CAD モデルへの追加として計算するのか、あるいはCADモデルに埋め込むのかを簡単に指定できます。

特別な JoinerCAD コマンドを使用すると、木目の方向を調整できます。もう1つのコマンドを使用すると、ワークピースに追加のオーバーサイズを割り当てることができます。

上記の実行すべては部品及び工作物の寸法に影響を及ぼし、それらは前述の要因で互いに異なる可能性があります。JoinerCAD はこれを考慮に入れて、自動的にこれらの寸法を計算し、生成された BOM に提供します。

Share it!