JoinerCAD は Fusion 360 ソフトウェアに追加機能を追加します。これにより、ユーザーは塗りつぶしとカバーの材料グループを家具の部品に簡単かつ視覚的に割り当てることができます(無垢材、ボード、ラミネートボード、多層ボード、ロッド、デスクトップ、ベニヤ/フィルム、エッジバンディング、塗装)。後に、これらのグループは、仕様(BOM)の特定品目に置き換えることができます。

割り当てられた品目に応じて、品目計算およびレポートでのビジュアライゼーションのさまざまな方法が使用されます。たとえば、ボードは平方メートルで計算され、プロファイルは長さ等で計算されます。

このように幅広い素材の種類を選択することで、オフィス用家具から階段、木製窓、その他の木製品まで、さまざまな範囲と複雑さの木製製品を構築できます。

Share it!