ログを変更

バージョン 1.1.0 (2019-12-09)

 

 

新機能。言語選択オプションがインストール中に利用可能になりました。ユーザーは、サポートされている4言語 (英語、ドイツ語、中国語 (簡体字) および日本語) のいずれかでJoinerCADのインストールの実行を選択できるようになりました。

新機能。JoinerCADプラグインは別のタブに移動しました。JoinerCADは、独自のタブから迅速かつ簡単にアクセスできるようになりました。

新機能。モデルで使用される材料のリスト。モデル内の割り当てられた材料とカバーの管理がさらに簡単になりました。新しいコマンドにより、割り当てられたすべての材料とカバー材料が1つのダイアログウィンドウに表示されます。なお、ユーザーはこのウィンドウで同じ種類の材料が割り当てられているすべてのコンポーネントを選択し、別の材料に置き換えることができます。

新機能。エッジバンドモードのプレミル許容値。プレミル許容値を使用するユーザーは、設定で許容値を定義できるようになりました。そして、この許容値は、エッジバンドを割り当てるときに常に使用されます。

修正済み。その他の細かいバグが修正されました。

バージョン 1.0.2 (2019-08-30)

調整済み。JoinerCADFusion 360の新しいUI(ユーザーインターフェイス)に合わせて調整されました。

調整済み。サンプルとハードウェアのアップロード機構が作成され、設定ダイアログウィンドウに配置されました。

調整済み。ソフトウェア更新メカニズムが再開発されました。

修正済み。エッジバンドの選択が修正されました。

修正済み。その他の細かいバグが修正されました。

バージョン 1.0.1 (2019-07-03)

修正済み。PCのユーザー名がアルファベットで登録されていない場合、JoinerCADが起動しないか、インストール中にJoinerCADハードウェアサンプルをダウンロードできませんでした。

修正済み。部品表(BOM)およびマテリアル / ハードウェア交換ダイアログ・ウィンドウが誤って閉じてしまうという問題がありました。

修正済み。ユーザーが白紙の文書を使って部品表(BOM)の作成を実行した場合に、部品表でエラーが発生することがありました。